主旨

ピカソにもゴッホにも、僕らは負けない。子どもたちの創造力育成をおてつだいします。

果てしない可能性ときらめく感性を持つ子供たち。当財団は、その創造力育成を応援するために活動しています。 とにかく10、20年……ずっと続けることで、その効果が出てくるものですから、息を長く続けていくことが大切だと思っています。幸い、この道のプロと言われる多くの先生方が支えてくれています。これからも、多くの方と交流を図りながら、福岡にこの財団があって良かったといわれるように活動していきたいと願っています。

絵画データベース

財団では、その活動の主要な分野として、優秀作品を収蔵管理するとともに、その作品を画像としてコンピュータに取り込んで、今後の美術教育とインターネットこども美術館に活用します。福岡県小学校児童画作品展の特選作品(834点)と、福岡県幼児画展の特別賞並びに特選作品(150点)、合計して1000点ほどを毎年対象としています。これによって、永久的に絵画を管理保管できるようになります。検索もスピーディにできますので、たとえば、何年か後に、母親になった特選者が自分が描いた絵を子供たちに見せてあげるということも簡単にできます。また、小学校単位で原画を展示して回顧展を開くことも可能です。時代を超えてお母さんのすごさを見せることができたり、絵を通じて感動を呼び覚ますことができるのです。

インターネットこども美術館の開設

子供美術館の建設構想ももっていましたが、これからは、インターネットを利用したこども美術館の方がより現実的になりました。現在、作業の迅速化とシステムの充実を目指して、改良を重ねています。そしてその一部でも皆さんに体験していただくため、公開しました。各学校・幼稚園等でインターネットを介して活用も可能になります。また、世界へも発信できます。絵には国境がないので、外国でもいろいろな形で受け入れられるようになるのではないでしょうか!